本文へスキップします。

H1

経理 入社5年目

承認:エディタ

1日の流れ


10:00

交通費の精算や、取引先からの入金確認を行います。1円でもずれると帳簿と合わなくなるため、気が抜けません。

12:00

妻のお手製弁当を食べています。

15:00

取引先への支払い準備を行います。取引先ごとに支払方法が異なるため、確認作業は入念に行います。

18:00

妻と協力して家事を行い、食後には愛犬の散歩を楽しんでいます。

仕事内容

預金の入出金管理や取引先への支払業務がメインです。本社の口座に入金があるため、日々関係部署へ連絡しながら、会計処理をしています。また、支払業務では、取引先から届いた請求書や振込先等をチェックしています。最終的には全社分の集計を行い、取引先ごとの支払い金額を確定させます。

仕事のやりがい

毎月、同じようなサイクルで業務を行う中で、先月とは違うやり方を試したり、書類ファイルを見直すことで業務の改善を図り、それが実現した際は仕事に対して充実感を覚えます。

経理職に向いている人

「説明が得意な方」が向いていると思います。役員や他部署の方に説明する機会が多いため、処理や数字の意味を説明する必要があります。また、「意味を考えながら仕事ができる方」も向いていると思います。

経理職に向いていない人

「数字に興味がない方」「人と話すことが苦手な方」は向かないかもしれません。意外と他部署と関わることが多いため、話すことが苦になる方は大変だと思います。

一緒に働きたい人

「自分の意見を言うことができ、且つ他者の意見を聞ける方」と働きたいです。一人で仕事をするわけではないため、チームで最善の選択が出来るよう一緒に検討して頂きたいです。

入社を決めた理由

10年後にやるべきことが明確にイメージ出来たことです。経理部の構成人数や業務内容から、自分の経験を生かして10年後までにやるべきことをイメージすることが出来たため、応募しました。今はそれに向かって進んでいます。

面接で印象に残っていること

世間話をたくさんしたような印象があります。

コミュニケーションを取る上で大切にしている事

相手に失礼のないよう、話し方や言葉遣いに注意しています。特に、電話の場合は相手の顔を見ることが出来ないため、より意識しています。

職場の雰囲気

明るく話しやすい雰囲気です。余談から理解出来る人柄や考えもあると思います。業務は真剣に取り組みながら、オン・オフを切り替えて業務にあたっています。

入社後新たに取得した資格

建設業経理士検定試験1級

座右の銘

「いざは普段なり」です。学生時代の部活動の顧問からよく言われていた言葉なのですが、「”いざ”という時に普段の自分が出てくる(普段以上の自分は出ない)ため、日常の選択(普段の練習)からそういう意識をもって取り組むように」という意味が込められていたと解釈しています。社会人となった今でも、この言葉を胸に、業務に取り組んでいます。

応募者へメッセージ

成長したい、挑戦したいと思う方にはそのチャンスがある会社ですので、自身のスキルアップを目指す方にはお勧めです。また、趣味や自己啓発のために時間を作ることも出来ますので、公私ともに充実できると思います。ご応募お待ちしています。