本文へスキップします。

H1

据置型爆発物・薬物・CWA検出器『TRACER1000』

汎用DB:詳細

据置型爆発物・薬物・CWA検出器『TRACER1000』

国境警備、空港、発電所など、世界中の重要施設で多数の実績あり。
爆発物、薬物を数秒で検出し、現場のセキュリティを守ります。

概要

TRACER1000は、最も感度の高い化学検出技術である『質量分析』を行い、爆発物、薬物、CWA(化学ガス)の有無だけでなく、成分の分析まで行うことができる検出器となります。
検知対象物のライブラリをアップデート可能なため、時代に沿って機能を拡張可能です。
原子力発電所では、テロ対策で爆発物検出器の設置が必須となっている今、当製品は「誤検知の少なさ」「優れた耐久性」「操作が簡単」と、現場を第一に考え設計されています。

特徴

  • 超高精度の質量分析法による検出は、誤報がほぼ出ません。
  • 爆発物のライブラリは、無制限に更新されます。
  • 管理者のPC及び電話にリアルタイムでアラートを送信可能です。
  • 24時間連続稼働を前提に設計されており、耐久性に優れます。
  • スケジュール設定による自動クリーニング機能(1日1回30分程度)
  • 放射線熱源を含んでいません。

仕様

適用範囲 爆発物、薬物、化学兵器
感度 ピコグラム~ナノグラム
分析時間 10~15秒程度
検査方式 拭取り
ウォームアップタイム 約20分
測定原理 Mass Spectrometry方式(非放射性化学イオン化)
イオン極性 デュアルモード動作
ライブラリ 数千種類の脅威物質と妨害物質を収録(アップデート化)
電源 100/230VAC,50/60Hz
動作温度/湿度 0~40℃/95%以下(結露なき事)
寸法(W×D×H) 360×450×530mm
重量 27.2㎏
インターフェイス USB2.0&3.0、RJ45 Ethernet
ディスプレイ 10.1'' LCD(タッチスクリーン)
データストレージ 内部メモリ:65,000サンプル、TRACER-NET:無制限
認証規格 ECAC, UL, CE, RoHS

検知可能物質(一例)

AN(Ammonium Nitrate)
DNT
HMX
NG(Nitro Glycerine)
PETN
RDX
SEMTEX
Tetryl
TNT
TATP
EGDN
HMTD
NC(Nitro Cellulose)
UN(Urea Nitrate)
2.4-DNPh
PA(Picric Acid)
NM(Nitro Methane)
DMNB
C4(RDX)
などの一般的な脅威物質をベースに、 数千種類の物質を検知可能。

関連製品