本文へスキップします。

H1

ケーブルサポート(耐震ポール)

汎用DB:詳細

ケーブルサポート(耐震ポール)

都市災害や不慮の事故にも耐えられる安全構造!

概要

ケーブルサポートはtypeI(標準型)とtypeII(耐震型)の2つのタイプがあります。
 人孔或いは洞道の高さに応じてその高さに合うように、アジャスト用ネジ部で調節し、ケーブルサポートの長さを決定します。
 尚、ケーブルサポートは呼称プラス100mmの範囲で長さの調整が出来ます。

特徴

  • 特殊設計のバネ構造が内装されているので地震等の外力による振動を吸収します。(typeII)
  • 上部プレート、下部ベースプレートの接触面積をふやすことにより、摩擦力が増し安定性があります。
  • 施行が簡単です。頭部プレート下部のアジャスト用ネジ部を回転するだけで安定した取付ができます。
  • 亜鉛メッキ加工が施され、その上、下端についてはタールエポキシ樹脂を塗装しているので防錆効果は絶大です。
    又、オールステンレス製のケーブルサポートも製作できます。
  • コンクリート製に比べ重量が軽く運搬及び施行中に破損する心配がなく、取扱いが容易です。
  • 既設の標準型(typeI)ケーブルサポートを耐震型(typeII)に改造できます。

仕様

種類 呼び径 長さ[mm]
200galを想定
TypeⅠ
TypeⅡ<耐震型>
Φ75 3900
Φ100 6300
イメージ図

関連製品