本文へスキップします。

H1

雨水貯留浸透システム ハイドロスタッフ-K

汎用DB:詳細

雨水貯留浸透システム ハイドロスタッフ-K

プラスチック製組立式の雨水貯留浸透システム!

概要

直接人が入って目視点検・メンテナンスが可能です。
 ポリプロピレン樹脂を使用したユニット材とシート類を組み合わせて、雨水を地下に貯留または浸透し、雨水利用や雨水流出抑制施設を構築するシステムです。各種シート類(遮水シート・透水シート・保護シート)の組み合わせにより、使用目的に合わせて貯留型または浸透型が選択可能です。

特徴

メンテナンスが容易、視認性抜群!!
カナエのハイドロスタッフ-K メンテナンスオプションは、点検・清掃用人孔より入ることができ、人の目で確認点検および清掃などのメンテナンス(維持管理)が可能です。これにより維持管理のランニングコストの削減、貯留量の低下を防ぎます。
高い貯水効率!、空隙率は95%以上!(1段タイプは94%以上)
単位体積当りの空隙率が95%と高く、少ない掘削量と地表面積でコンパクトに雨水貯留浸透施設を設置することができます。
例)1000m3貯水槽の必要容積コンクリート工法 1250m3[空隙率80%]→ハイドロスタッフ-K 1052m3[空隙率95%]
組み立てが容易で短工期!
樹脂製で軽量なため施工は容易に行えます。また、組み立てに重機は不要でコンクリートの養生もなく、施工期間を短縮することができます。例)1000m3貯水槽の施工期間コンクリート工法 60日以上(当社調べ)→ハイドロスタッフ-K 7日
流入土砂を90%以上カット!(実験値)
堆砂抑制システム(土砂[拡散/堆積]抑制システム)で水槽内部への砂の拡散・堆積を抑制できます。捕獲率は90%以上です。(実験値)
T-25荷重に対応!
高い圧縮強度を有しており、土被りを確保すればT-25荷重に対応できます。(土被り500mm以上)
レベル2の地震に対応!
柔構造で地盤追従性が高く、耐震性に優れています。
点検孔からの状況

仕様

種類 空隙率 最小土被り 最大土被り 最大水槽底面深さ 最大槽高 寸法[mm]
(長さ×幅×高さ)
HS-720RF 95%
1段タイプは94%
T-25 500mm
条件により対応可能
1600mm 4000mm 6段
(2388mm)
720×720×390
(393)※
製品図

※:上下段が組み合うことにより1段当りの高さは393mmとなります。
設計上の注意がございます。詳しくはお手数ですがお問い合わせ下さい。

雨水貯留浸透システムイメージ

貯留型イメージ 浸透型イメージ

メンテナンス(維持管理)システム

浸透型イメージ

雨水貯留槽のメンテナンスや砂対策に!!
ハイドロスタッフ-K(雨水貯留浸透システム)にメンテナンスオプションを導入すると水槽内部への土砂の拡散・堆積を抑制できます。

  • 点検人孔より溜まった砂やゴミの清掃などのメンテナンスができます。
  • 土砂捕獲率は90%以上(実験値)
  • 雨水対策量を変えずに土砂堆積ますのスペースを確保

このシステムでは、土砂の堆積範囲が限定されるので、槽内全部を清掃することや、高圧洗浄車を用意する必要が無く、人手で清掃することが可能です。

長期メンテナンス
(維持管理)
土砂の堆積範囲
(槽内平面図)
人力清掃 目視点検 バキューム車
ハイドロスタッフ-K ○堆砂抑制システムで可能 ハイドロスタッフ-K ○可能 ○可能 △場合によっては必要
他社製システム △可能 他社製システム ×不可 △一部の製品で可能 ○必要